ビジネス/オフィス, メーカー, 試作

試作品をメーカーに依頼して無駄をなくす

何か新しい製品を開発する場合、設計図だけで量産体制に移ってしまうと様々な問題が生じます。設計図に不具合があった場合には製品も使い物にならないものが出来上がってしまいますし、それによって無駄な費用が発生してしまうことを考えると業務にも大きな影響が出るといえるでしょう。こうしたトラブルを防ぐには、量産を始める前に試作品をメーカーに依頼する方法が有効です。設計図から試作品を作って不具合などがないか確認してくれるメーカーがあるので、まずはそちらにお願いしてみると良いでしょう。

試作品を作っているメーカーでは、どのような要望にも答えてくれます。正しい設計図がないとどうしようもないので、まずはアイデアを図面に起こすようにしてください。この時できるだけ製品に近い図面を引くのがポイントです。なぜならアイディアだけでぼんやりとした図面を作成してしまうと、実際の製品とは似ても似つかないものが出来上がってしまう恐れがあるからです。

アイデアを突き詰めて製品に近い状態で持っていくようにしましょう。可動するパーツが多い製品の場合には、試作品をメーカーに依頼しておくととても助かります。図面では干渉なく動くように見える場合でも、製品として量産化すると部品同士がぶつかってしまうことがよくあるからです。メーカーに試作品を依頼して部品のクリアランスをしっかりと確認しておくようにすれば、製品化に向けて余裕をもった図面を作ることが可能です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です