ビジネス/オフィス, メーカー, 試作

試作メーカーの重要性とは

製品を開発・製造している開発メーカーにとって、製造工程の一つとして重要と考えられているのが「試作」といわれています。開発において製品の形を見るだけなど簡単なものであれば、安価な3Dプリンターを利用する等方法はありますが、自社で作成するために様々な設備や技術を全て自分の会社で賄うのは予算的に難しいというところも少なくありません。そこで重要となってくるのが試作メーカーの存在であり、3Dプリンタを利用することでコストカットや工数の削減だけではなく、最終的に製品の品質向上につなげることができるメリットがあります。試作メーカーに依頼することで、採集品と同等の試作品を小ロットで作成し、確認することが出来るようになるメリットがあり、設計図・図面では気付けなかった問題点や課題を見つけることができたり、本来不要な金型の再作成コストを減らすことが出来るなど、試作を作成することが出来る十分な設備や予算がない開発会社にとって、この存在は非常に役立ちます。

造形した立体物を使用し、組付けや分解手順を製作すれば気が付きにくい問題点も洗い出すことが出来るので、結果的に製品の品質向上に繋げられるメリットも注目されています。実際に使用されている3Dプリンタは、企画や設計が煮詰まっていない段階でも依頼して製作してもらうことが可能であり、開発期間を短縮させ途中で不具合が見つかった場合でも最小限の追加工数で再作成をすることができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です