ビジネス/オフィス, プラスチック(樹脂), 成形

プラスチック(樹脂)材料は射出成形が一般的

プラスチック(樹脂)は、身の回りに様々なものに利用されている材料です。ペットボトルや携帯電話の本体ケース、電化製品のスイッチ類のボタン部分、車の中にも様々な部品に使用されている材料になるわけですが、これらはいずれも金型を使い部品製造が行われています。ゴム材料などの場合は、ゴム板を金型の中に置いて上ぶたを閉じて加熱するなどの方法で成形が行われますが、プラスチック(樹脂)の場合は射出成形機を使い金型内部に材料を流しいれて作られるなどの違いがあります。射出成形機には材料の挿入口やノズルと呼ぶ噴射装置部、粒上のプラスチック(樹脂)を高温加熱して液状にするヒーターなどがあり、ノズルの先には金型が取り付けてあり噴射させるよう材料を金型内部に注入するスタイルです。

ゴムの場合は、その都度金型を開いてゴム材料を置いて蓋を閉じる、圧力を変えながら空気抜きをするなどの作業が必要になりますが、射出成形機の場合は金型への材料注入などほぼ自動化を図ることができますし、成形マシーンにより金型は自動開閉されて完成した部品は自動的にした方向に落ちるなどマシーンオペレーションは必要ではあるけれども、ほぼ自動的に作業ができるなどから大量生産も可能にします。また、プラスチック(樹脂)材料にコンパウンドと呼ぶ着色料や添加材などを混ぜる工程を追加することで、透明なペットボトルだけでなく色鮮やかなペットボトルを作ることもできるなどのメリットもあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です