ビジネス/オフィス, プラスチック(樹脂), 成形

プラスチック(樹脂)の成形について

プラスチック(樹脂)は、熱を加えると溶けてやわらかくなり、変形させることができます。これをそれぞれ溶解と成形と呼びます。樹脂は、冷却して固まった後(成形後)の性質によって、「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」のふたつに大きく分別されます。前者は樹脂が固まった後でも加熱すれば再び変形させることのできるもの、後者は加熱しても変形しないものです。

熱可塑性樹脂は、ラミネートや自動車部品、食品容器、ペットボトルなどに使用されており、熱硬化性樹脂は食卓用品や浴槽、断熱材などに使用されています。プラスチック(樹脂)を加熱して溶かしたものを金型などに流し込み、冷やし固めて取り出すという工程は、プラスチック成形の基本的な原理です。プラスチック成形を安定して行うためには、温度や圧力、樹脂材料の注入速度や量など条件の管理が重要です。また、各工程において、ゴミやホコリなどの静電付着があると、製品不良となるため注意が必要です。

熱可塑性樹脂ではプラスチック(樹脂)を米粒状にしたペレットと呼ばれるもの、熱硬化性樹脂では粉末状の樹脂を使用します。多くのケースでは、ペレットをホッパーより投入し、加熱シリンダー内で溶かして樹脂を液体状にします。それを内蔵スクリューまたは押し出しスクリューが回転して溶解樹脂を押し出すことで成形します。方法はスクリューを使用するか否かで分類されます。

方法は射出、ブロー、押出し、注型、真空、圧縮など様々な分類があるので適した方法を適宜確認するのが良いでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です