ビジネス/オフィス, メーカー, 金型

金型メーカーの日本での課題点

日本の金型は細かいところまで精巧で、しかも丈夫で長持ちすると人気です。しかし、その分コストがかかってしまい、世界の金型メーカーに押されています。そのため、生き残りに必死になり、新しい事にも取り組むように変わってきています。それは望ましい事でもあり、さらなる発展や成長を期待させることでもあります。

しかし、世界を見ると金型メーカーは日本とは異なり、規模が大きい会社も多いです。日本だと上場しているような規模のメーカーの方が珍しく、小規模な企業が多いです。そのためコストが非効率にかかってしまったり、製造工程にロスが多くなってしまうことが目立ちます。その分がマイナスとして、世界のメーカーと競争するときにマイナスになることもあります。

日本の金型は質はいいことは世界に知れています。ですから、あとはコストやアピールが課題です。世界でも認められる質の高さですから、それを手が伸ばせるコストに抑えていく戦術を考えることが求められるでしょう。そのためには大きな変革が必要になるかも知れません。

また、メリットを実感できるようなアピール活動も積極的にしていくことが重要です。今後の日本の金型は、どうやって世界の需要を取り込むかが必須の問題です。質はそのままに認知度を高めて、日本のものがいいと選んでもらえるように対策をとっていく必要があります。質イコール需要、売り上げとなっていくためには、今まで通りではなく時代にそって動かなくてはなりません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です