ビジネス/オフィス, プラスチック(樹脂), 成型

プラスチック(樹脂)成型品は身近な場所に多数

プラスチック(樹脂)成型と聞いたとき、どのようなものを意味するのか分からない人もおおいのではないでしょうか。実は、プラスチック(樹脂)の成型品は身近なプレスチック製品に必ずといって良いほど利用されている加工手法でもあり、普段便利に活用しているスマートフォンにも使用されています。金型は、部品を形作るために欠かせない器具になるのですが、金型には樹脂材料やゴム材料、金属材料の3つがあるのが特徴です。材料の種類で金型そのもの設計や製造、そして材質などに違いがありますし部品そのものも大きさでも取り数が異なっていたり、サイズそのものもの小さなものから巨大なものなど様々です。

車にもプラスチック(樹脂)成型技術が採用されているのですが、自動車と聞くと金属品が多く樹脂やゴムなどはあまり使われていないイメージを持つ人も多いといえます。エアコンの吹き出し口や運転席回りなどは色々なプラスチック部品がありますし、シートなども内部にはゴム材料を使ったスポンジが入っているなど金属以外の材料が利用されていることが多いのです。また、最近の飲み物はペットボトルに入っているものを好んで買う人が多いかと思われますが、ペットボトル本体やキャップもプラスチック(樹脂)を利用した成型品であり、ペットボトルとキャップはそれぞれ別工程で製造されています。そのため、本体の飲み口部分にキャップがしっかり取り付けられるよう設計が行われています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です