ビジネス/オフィス, プラスチック(樹脂), 試作

プラスチック(樹脂)の試作に役立つ樹脂流動解析

樹脂流動解析は、プラスチック(樹脂)成型の試作段階で行われるもので、成型過程の中で金型内でどのようにプラスチック(樹脂)が流れているのか可視化して、樹脂の圧力や温度、収縮量を定量化させて成型段階での不良の予測、不要原因の分析などで用いられるものです。樹脂流動解析は、実際のプラスチック(樹脂)がどのように流れているのか製品開発の初期段階から利用できる技術で、試作期間の短縮効果も期待ができるため樹脂部品を製造する企業の大半がこのような解析方法を利用してモノづくりが行われています。ただ、樹脂流量解析を行うためには高価なソフトウェアやツールなどが必要で、小さな工場などでは導入が難しいケースもあります。そのため、樹脂流動解析を専門にしている会社への需要も高くなり、試作品段階で利用される工場も多いようです。

解析結果は、金型の修正に役立てることができるのですが、これと組み合わせることでより修正が用意になるのが3次元測定器を使った寸法測定です。2次元測定器やノギスなどでもできないことはないのですが、3次元測定器の場合は図面データを取り込むことでそこに記載してある寸法を一つずつ計測、合否判定を短時間で完了させることも可能です。プラスチック(樹脂)の金型は、樹脂部品の大きさにもよりますが一度に製造できる数が多いため、3次元測定器を使えば全ての部品を短時間で計測して合否判定が実現、これにより試作品から量産品までの移行をスムーズに進めることができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です