ビジネス/オフィス, プラスチック(樹脂), 試作

プラスチック(樹脂)の試作は無意味

プラスチック(樹脂)の製造は様々な条件によってその品質が大きく変わるため、試作を行ってもその品質を客観的に評価できないと考える人も少なくありません。プラスチック(樹脂)の品質は非常にデリケートなものであり、これを事前に評価しても実際に製品を製造する段階では同じような品質を維持することができるケースが少なく、そのために経費と時間の無駄であると考える人も多いものです。これよりもある程度の品質の想定範囲を設け、これを効果的に利用して総合的な品質を確保することが重要と言われることも少なくありません。プラスチック(樹脂)は、様々な要素によってその品質が変化するものです。

金型に流し込むことによって必要な形に成形することが多いプラスチック(樹脂)は、その作業の工程の環境によって微妙に品質が変化するため、1度や2度の試作で出来上がった製品の品質を基準に様々な工程が設定されると、大きな問題を引き起こしてしまうことになります。これが結果的に様々な工程を担当する部門の負担につながり、最終的にはコスト面で赤字に至ることもあるため注意が必要です。プラスチック(樹脂)の試作を行う目的は、単純に基準となる品質を確認するのではなく、これを生み出す工程の内容の確認です。それらの内容に問題がないか、想定された作業時間に無理は無いかといった実際の現場の状況を確認する要素が非常に強いため、この試作を行う意味は非常に大きなものと考えられています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です