ビジネス/オフィス, プラスチック(樹脂), 試作

プラスチック(樹脂)の試作

プラスチック(樹脂)は成型が用意で様々な形に加工できることから、非常に多くの製品に利用されています。通常メーカーでプラスチック(樹脂)を製造する場合は金型を作る前に試作品をみてみて、試作品が問題無ければ正式に金型を発注する流れになります。特に食器や肌に触れるタイプのものは、触りごこちや口に入れたときの感触という者が販売に非常に影響・左右されるため、試作品をつくることが多いです。プラスチック(樹脂)と一言にいっても、硬さや弾力、色合いや触感まで配合によって様々な表現が可能な一方で最初の要件をしっかり固めないと無駄な工数がかかることになります。

環境への配慮も最近では重要になってきていて、消費者の目から環境にやさしいかという点も新たに加わりました。具体的には生分解性プラスチックなどのものだったり、リサイクル素材を使ったものだったりという点がポイントです。リサイクルも精度が上がってきていて、回数を繰り返しても見た目や配合成分による弾力などにかなり近づけられるようになっています。一度金型を製造してしまうと、それを修正するには莫大な費用がかかるためまさに「最初が肝心」といえるでしょう。

金型製造にあたっても、非常に薄くすることで環境への負荷を低減される取り組みも引き続き続いています。材料費が少なくて済めば、それだけコストも減るため特にメーカー側では注目しているポイントです。施策にあたってはこれらの点を十分考慮し、検討すると良いでしょう。プラスチック(樹脂)の試作のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です