ビジネス/オフィス, プラスチック(樹脂), 試作

プラスチック(樹脂)試作品の必要性

プラスチック(樹脂)試作は切削加工や3Dプリンターを使って作られ、製品版を完成させるためのテストに活用されています。切削加工自体は多種多様な用途で使われている工法で、刃物状の工具を使って加工を行うのが特徴です。旋盤やフライス盤およびマシニングセンタをはじめとした工作機械が使われ、機械加工や除去加工の一種とされています。試作にプラスチック(樹脂)を使用する場合も、切削加工や射出成形が利用されます。

プラスチック(樹脂)の試作品はあくまで大量生産前のテストとして作成されることも多く、小ロットから発注できるなどのメリットが多数あります。テスト作品の受注を行っているメーカーなら素材や工法、設計の提案などもしてくれるため、初めてテストを行う企業であっても安心して任せることができるでしょう。また、プラスチック(樹脂)の試作品は多彩なデザインに対応できるのも魅力です。安全性や機能性といった問題点をすべて解決して製品版にたどり着くまでには、さまざまなメーカーが関わり、多大なコストが必要とされます。

複数の段階に分けて行われるテストもコストの一つに数えられ、消費者のもとに届けられる製品版を完成させるためには無くてはならない過程です。プラスチック(樹脂)試作品はテストに合わせて段階的に小ロットの発注ができる、素材のコストを抑えることができるといった利点があり、企業における製品開発で活用されている方法です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です