ビジネス/オフィス, プラスチック(樹脂), 試作

プラスチック(樹脂)は試作としても扱いやすい

プラスチック(樹脂)は試作の中でも扱いやすい素材となっており、多数のテスト作品で採用されています。プラスチック(樹脂)試作品の場合、主に3Dはプリンターや切削加工、射出成形といった加工で作られます。小ロットにも対応できるなどのメリットがあり、1回だけではなく問題を洗い出しながら複数回の実施が必須となるテストに最適です。自社内に工場を持っていても小ロットの制作は難しい、プラスチック(樹脂)の試作品を作成できる工作機械を所持していないといった場合には、テスト作品の発注を受け付けているメーカーを利用するのがおすすめです。

射出成形や3Dプリンターに対応可能なメーカーも存在しており、自社内の要望に合わせてテスト作品を完成させてくれるでしょう。プラスチック(樹脂)は試作で利用し、本番となる量産では別の素材を使用するといった例もあります。使いやすいプラスチック(樹脂)は試作に向いている素材で、3Dプリンターなら極小ロットに対応できる他、射出成形などの加工を使えば複雑なデザインも形成できるのが魅力でしょう。テスト作品の作成は、完成品にたどり着くために必須となる要素です。

机上のシミュレーションだけでは判らない問題点を解決するためにも、実際に手にとって触れるテスト作品は必須となっています。加工メーカーと相談しながらテスト作品を作り、何度も繰り返し実験を行って安全性や機能性を確保することで、安心して消費者が使用できる製品が完成します。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です