ビジネス/オフィス, プラスチック(樹脂), 試作

プラスチック(樹脂)の金型試作のポイント

生活用品や家電製品など、様々な商品でプラスチックの部品や部材が使われています。またコスト競争も激しいので、低価格でプラスチックの部品類を製造する必要もあります。そして実際の商品開発では、何度も試作を繰り返すのが一般的です。そのために企業の担当者は、プラスチック(樹脂)の部品を製造するときの金型にも強いこだわりを持っています。

簡易金型の製作に強い会社のサービスを利用すると、企業内での部品の試験製造をスムーズに行えます。様々な会社がプラスチック(樹脂)向けの試作用金型を製造しており、良い依頼先を見つけることが担当者にとっての大きな課題です。比較サイトを活用すると、プラスチック(樹脂)に強い金型製造会社を見つけることができます。実際に企業の公式サイトを訪問すると、設備や製造実績について知ることも可能です。

納期が短い会社は、新商品のスピード開発でも役立ちます。試作用の金型の製造ではアルミ素材を使っており、高速マシニングセンタで精密に加工することが重要です。経験豊かな技術者が活躍する会社は、個別の企業のニーズに合わせて金型を作ることができます。精密な図面を用意して担当者同士が打ち合わせると、パーツの本格生産に向けた準備を円滑に進められます。

一方でパーツ自体が必要なときには、プラスチックの切削加工に強い会社を活用するのがポイントです。小ロット注文が可能な会社を選ぶと、試作時のコストも最小限に抑えられます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です