ビジネス/オフィス, プラスチック(樹脂), 試作

プラスチック(樹脂)で試作品ができるまでの流れ

プラスチック(樹脂)で試作品を作る上で、どういった経路で制作されるかは大事です。なぜなら作成の過程で内容や形状の変更などがあった時に、どこで変更の内容を伝えるかで、その後の流れの順調さと出来上がった製品のクオリティが違ってくるからで、対応のタイミングを計りことがより良い試作品の完成に繋がります。プラスチック(樹脂)未完の試作品はデザインや精度の確認、展示会用のサンプルや耐久テストなどに使用されていて、少量の製品を作るので自社に製作を依頼する必要があります。この外注の流れを把握することが大切です。

最初は依頼したい会社に連絡をして、どういった製品を作りたいか、大まかな概要を伝えます。連絡は実際に社に赴く以外に、最近では会社のホームページの問い合わせフォームなどから行うことができ、遠方の業者にイライラする時には便利です。問い合わせ後は何度か打ち合わせをします。これも実際に会って伝える以外に電話や電子メールなどでも可能で、用途や形状、デザインやコストなどを明確化していきます。

最近は3D画像なども使うことができ、より完成品に近い情報を使用しての打ち合わせもできます。打ち合わせの結果をもとに内容の具体的な提案を製作会社から受け、打ち合わせを重ねていきます。改良店や自社の思いを伝えるのがこのタイミングで、ここでほぼ完成品の形が誕生します。後は発注、製作の過程を得て出来上がった製品の検査をクリアすればプラスチック(樹脂)での製品の完成です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です