Skip to content

特殊小型船舶免許で出来る事とは?

小型船舶免許の中でも、特殊という言葉がつく特殊小型船舶免許は、何の免許なのかというと水上バイクをさします。限定されてきますが、水上バイクはミズノ上を走ることが出来る乗り物で、かなりのスピードが出ます、90キロ100キロともいわれていますし、その体感速度は車を高速道路で走らせるよりも早いということもありますし、乗ってみる事をお勧めします。後部座席であればだれでも乗ることが出来ますし、沖縄やマリーナなどでは後ろに乗れるようなところも有るのでそこで挑戦です。爽快感以上に刺激も強いですし、思わず笑顔になったり声も出てしまうこともあるでしょう。

操縦する人は特殊小型船舶免許を持っていますし、それが無ければ運転する事は出来ません。もし後ろに乗ってみてその興奮がやめられないということで、自分で操縦をしたいと思ったら次は特殊小型船舶免許を取得することを考えていきましょう。基本的には2日間のコースで取得する方が多いです。学科講習もあっての2日間ですが、もしそれを自分でやるということで学科講習カットすれば1日で取得も可能です。

それは教習所によってコースが異なりますので、事前に確認をして申し込むようにして下さい。費用は6万円から7万円程度という感じですが、こちらも少しばらつきが出ることもあります。1級2級の小型船舶免許とは違う免許ですので、水上バイクの操縦をするときにはどちらにしても特殊とついているものを取ることになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です