Skip to content

船舶免許を取得するには?

海や湖、河川などで動力付きの船を動かすためには、場合によっては船舶免許が必要となります。日本における船舶免許の種類としては、一級、二級、特殊と湖川小出力の4種類があり、一般的に海で使用する場合には一級・二級・特殊の3つをそれぞれ使用する船や行動範囲によって取得しておかなければなりません。それぞれの免許で利用できる条件としては、一級・二級ともに総トン数20トン未満でプレジャーボートでは全長24m以下のものに限られます。一級と二級の違いは活動できる距離で二級は海岸線より5海里以内(約9km)と制限されています。

なお、免許取得は18歳以上ですが、二級の場合には5トン未満限定であれば16歳から取得することができ、18歳になれば自動的に20トン未満までの船を操縦することが可能です。特殊は水上バイク専用のもので、水上バイクを海で使う場合には必ず取得する必要があります。船舶免許を取得する流れとしては国家試験を直接受ける受験コースと、国の基準を満たした教習所に通って学科と実技を学び修了試験に合格すれば、国家試験が免除される教習コースがあります。基本的には自動車の免許と同じ流れで取得することになりますが、日数はそれほどかかるものではなく教習所の場合には一級小型船舶免許の場合でも最短で4日で取得することができます。

ただし教習所があるのは海のある場所に限られますから、内陸部に住んでいる場合には教習所に通うのに時間がかかる場合があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です