Skip to content

船舶免許と自動車免許の違いとは何か

船舶免許と自動車免許は基本的に乗り物を操縦するために最初に取得しておかないといけない免許であることに違いはありませんが、根本的な部分として操縦する乗り物に違いがあります。船舶免許の場合は船などを操縦するときに必要となる免許であり、自動車免許の場合は自動車を運転するときに必要となるので、その点が大きな違いになるはずです。取得できる年齢なども若干の違いはありますが、どちらも20代以上であれば確実に取得を目指していくことができますから、年齢の点でもそこまでの違いはありません。しかし自動車免許の場合は一般的に数ヶ月程度の期間をかけて仮免許の取得や本免許の取得などを目指していくことになりますが、船舶免許の場合は数日程度で免許を取得することができますから簡単です。

なぜ船舶免許のほうが自動車免許よりも短期間で取得できるのかは、いろいろな理由がありますが一般的には海には道路と違って歩行者などが存在するような状況ではありませんし、信号なども基本的にはありませんから、覚えるルールが少ないのが大きなメリットになります。そのため難しい勉強をすることもありませんから、義務教育をしっかりと受けている人であれば、大抵の場合は国家試験に合格することが可能です。自動車免許の場合は仮免許などの部分でも不合格になってしまうことが珍しくありませんから、そのようなことがあった人でも船舶免許であれば取得できるかもしれません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です