Skip to content

船舶免許の合格率は高い

特殊小型船舶免許が、合格しやすいと最近話題になっています。一昨年の2020年に受験者数は7964名でしたが、合格率は96.5パーセントです。このことから若者にも取得しやすい免許という認識で、広まっています。気になる受験費用は、特殊小型船舶免許の場合で22750円と比較的受けやすいです。

また一級の小型船舶免許では若干高く28950円で取得できます。他にも小型船舶操縦士などの資格があり、昨今のレジャーブームに向けて免許取得者が増加中です。人気があるのはエンジン付きのヨットなどで、水上バイクの運転も可能になります。受験資格は1級で17歳9ヶ月以上、2級で15歳9ヶ月以上です。

試験の内容は学科や実技ですが、比較的難易度が低いので若者でも受けやすいです。ただし身体検査があり、これに合格しないと学科を受ける資格が取れません。さらに学科もしくは実技が不合格であっても、再受験ができます。気になる身体検査は内科検診だけですので、特別な持病がなければ合格です。

その他、視力検査があって両眼とも0.5以上が決まりです。学科試験は自動車運転免許の試験よりやさしく、暗記の範囲も少なくなっています。1級では四肢択一で64問が出題され、試験時間は長めの140分です。小型船舶操縦者の心得や守るべき遵守事項、そして交通の方法などが毎年出題されます。

受験した先輩に過去の問題を聞いてみるのも、合格に向けての良い方法です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です