Skip to content

小型船舶免許を取って人士を充実させよう

日本のサラリーマンとは絵に描いたように真面目で、勤勉であり働き者です。西欧諸国にはシエスタなど働いている中にも昼寝する時間が設けられるなど、もっと気楽に働いている人が多い現状です。日本のサラリーマンは時には休日返上で、会社のために働く人も居ます。そうしたことに疑問を持たずに勤続年数40年をやり過ごすんです。

そして定年退職と同時に、いったい自分の人生は何だったのかと我に振り返り、燃え尽き症候群になってうつ病を発症してしまう人も少なくありません。しかし今まで奴隷のように何も疑わず働いてきたのであるならば、せっかく与えられた定年退職後の余生を自分の好きなことに時間を使ってみてみるとよいのではないでしょうか。そこでお勧めしたいのが、海という今までとは正反対の大自然に身を置き、小型船舶免許などを取得してマリンレジャーを楽しむことをお勧めします。雄大な景色に、海の幸に舌鼓を打つことができ、残りの人生を謳歌すること間違いありません。

だが小型船舶免許を取得するのは難易度が高く、費用もたくさん掛かるのではないかと心配する人がいます。ところが小型船舶免許は船舶免許の中でも難易度が低く、費用もそれほど掛からずに取得できる免許なんです。認定学校に通うことで、国家試験免除で免許が交付されます。まず最初はジェットスキーや水上バイクの操縦が可能な特殊から取得していくとよいでしょう。

そこで自信をつけたなら2級、1級と取得していくと良いです。船舶免許のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です