Skip to content

船舶免許の取得は比較的簡単

何か乗り物を公の場で乗るときには、多くの場合免許が必要です。大海原を航行するのには、船舶免許が要ります。船舶免許と聞くと、自動車の運転免許と似たような手順を踏まなければならないと考える人が多いですが、そんなことはありません。公道を車で走るためには、かなり長期間のトレーニングや試験が必要になります。

数ヶ月から半年程度、自動車学校に通って、試験をパスしなければいけません。最短で取得できるいわゆる合宿免許でも、2週間以上はかかります。その点船舶免許は、最短2日間で取得が可能です。自動車と比較しても、圧倒的短期間で取れることはあまり知られていません。

大まかに言うと、1日目に講義を受けて2日目に試験といった流れです。たった1日の勉強で合格できるのかと、不安になる人がいます。確かに1日の勉強で知識を詰め込むのは少々難しいです。ただ、事前に参考書などで勉強をすることができるので、それまでにしっかりと予習をして臨めば心配は要りません。

2日間の日程で受講すれば、リラックスして試験を受けられるメリットもあります。いきなり試験だと緊張してしまう人がたくさんいますが、1日目の講義で会場の雰囲気に慣れることができるため、2日目の試験も落ち着いた状態で受けられる人がほとんどです。小型船舶免許なら、距離の制限などはありますかかなりの範囲で船を運転することができ、一般的なレジャーならまず問題になることはありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です