Skip to content

船舶免許を取るための方法

海で釣りやレジャーを楽しむために船舶免許を取得する方が増えてきています。船舶免許は免許スクール・登録小型船舶教習所・独学の3つの方法で取得することができます。免許スクールに通って所得する方法は、学科講習・実技講習を受講修了をして国家試験を受けるという流れになります。国家試験に向けて独自のカリキュラムで構成されているので、免許スクールによってかかる費用や日数が異なることになります。

免許スクールを選ぶ際には、費用の面などさまざまなことを踏まえてからニーズに合ったスクールを選ぶようにしましょう。登録小型船舶教習所を利用するより免許スクールの方が、免許取得まで時間や費用を少なく済ませることができるケースが多いといった特徴があります。登録小型船舶教習所は、教習修了生に国家試験免除で小型船舶操縦士免許を発行できる教習所になります。国家試験は免除になるのですが、国家試験と同様の試験に合格することが必要です。

独学で取得する方法は、免許スクールや登録小型船舶教習所に通わずに船舶免許の資格取得のため、自身で学習をして国家試験を受験する船舶免許を取得する方法になります。学科だけならテキストなどを入手して独学で学ぶことができるのですが、実技の場合はボートや講師など指導を受ける環境を準備する必要があることから独学では難しいので、このような場合は実技のみ免許スクールを受講する方法を選ぶケースが多いといった傾向にあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です