Skip to content

船舶免許を取るための条件

船舶免許の中でも最も取得が難しいのは1級ですが、1級であっても試験受ける段階までいけば95%前後の方が合格出来ます。ただし、船舶免許には取得のための条件があります。それを満たしているかについて確認しておくことをお勧めします。年齢は満17歳9ヶ月以上であることが条件です。

実際の交付の際には18歳になっていることが求められますが、教習自体は満17歳9ヶ月で受けられます。視力は両眼ともに0.6以上ある必要がありますが、矯正や眼鏡も有効となっています。弁色力については色覚異常が強い場合以外なら問題なく受検出来ます。聴力は両耳で5mの距離で話が出来る水準が求められます。

聴力に自信がない場合には補聴器の使用も認められています。身体に何らかの障害がある場合でも、軽傷であれば問題がありません。また、身体の障害を補うような設備の持ち込みは認められています。船舶免許の学科では心得、交通の方法、運航などについての知識が問われます。

1級の船舶免許を受ける場合には上級運航という項目が追加され、取得の難易度が少し上がります。実技では実際にボートを操縦し、技術や安全の確認などを行います。学科講習は何度でも受講可能となっている教習所もあります。学科では暗記の要素が強く、場合によっては自習を行っておくことをお勧めします。

実技試験は経験がものを言うので、教習所でボートに慣れておくことにより合格率を高めることが出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です