Skip to content

船舶免許取得試験では身体検査も行われます

船舶免許にはボート操縦を目的とした1級と2級、そして湖や川での釣りを目的とした湖川小出力限定免許があります。ボート以外には、水上バイクの操縦のための水上バイク免許(特殊小型船舶免許)もあり、これらすべては国家試験、または登録小型船舶教習所の修了試験を受けることで取得可能です。しかし試験だけではなく、身体検査にも合格しないと免許は取れません。身体検査では視力と色覚、そして聴力が対象となっています。

まず視力ですが、矯正で0.5以上あることが条件となります。もしどちらかの目が0.5以下の場合は、もう片方の目が0.5以上で、視野が左右150度以上でなければなりません。そして色覚の検査があります。こちらは夜間の船舶の灯火の色を識別できるかどうかが検査されます。

もしそれが難しい場合は、日中に航路標識の色を識別できるかどうかをチェックし、それで大丈夫な場合は、航行時間を限定した免許を取得できます。そして聴力検査は、5メートル以上の距離で普通の大きさの声を聞きとれるか否か判断基準です。もしそれが難しくても、やはり5メートルの距離で70.5デシベルの汽笛音を聞き取れれば合格です。聴力検査は補聴器の使用が可能となっています。

それから持病とか身体機能の障害がある場合ですが、軽症で操縦に支障が出ないと判断されれば、船舶免許を取得することができます。またそれ以外の場合であっても、支障なしと認められた場合は、船の設備や航行目的が限定された免許を取ることも可能です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です